萩原純子:さいたま市生まれ やぎ座 

         

   中医薬膳営養師(鎌倉薬膳アカデミー卒)

   鎌倉薬膳アカデミー講師

 

      ホリスティックヘルス塾インストラクター(日本ホリスティック医学協会)

      龍村ヨガ 呼吸法&健康ヨガ基礎科インストラクター(龍村ヨガ研究所)

      指ヨガインストラクター(手のひらセルフケア協会)

                                       FTPベーシックマットピラティスインストラクター                                          

                               練馬区いきいき体操普及員 

    趣味                                       元フェイシャルエスティティシャン          

    写真撮影                               元フラワースクール講師

 ステンドグラス制作                       

 表千家茶道 

 テニス

                     

 

 40才を過ぎた頃から、いくつかの体調不良を経験し、健康について学び考えるようになりました。更年期になると、酷い肩こりを改善する目的で、2007年より、ピラティスを習い始めましたが、身体を動かすだけでは足りないと感じて、食の面から、その頃に興味のあった禅宗の精進料理を藤井まり先生の教室で学びました。その頃はまだ精進料理と薬膳料理の違いすら良く分かっていなかった気がします。

 夫が中国に単身赴任になってから、度々、中国を訪れる機会に恵まれました。「薬膳」と書かれたレストランで、訳の分からない料理を身体に良いのではないかと思い、食べ歩いたり、お茶市場に行って、薬茶を買って帰ったり。薬膳と中国茶に益々興味がわき、2012年に鎌倉薬膳アカデミーに入学し、翌年に中医薬膳営養師の資格を取得しました。その後、酷い変形性頚椎症と卵巣腫瘍を患いましたが、薬膳と漢方薬による養生を取り入れたことで、回復が順調でした。二つの症状は、一見まったく関係が無いように思えましたが、中医学の観点からみると、実は、大元の原因は同じだったのです。私は、ストレスを溜めやすい性格で、「気」の流れが滞っていたのです。そのため血流も悪く、、、。

 その後は、気の流れを良くする食材を摂るように努めたり、「気」の通りを良くする呼吸法を行うヨガを学ぶために、龍村ヨガ研究所に通い、現在は地域のヨガサークルで普及活動をしています。

 ある日、パソコンで検索をしていると、「ホリスティックヘルス」という文字に出会いました。読み進むうちに、自分の取り組んでいる薬膳とヨガが、つながっていることが分かりました。薬膳もヨガも、人を身体と心と命のつながりからとらえるホリスティックヘルスの一部分だったのです。早速ホリスティック医学協会に入会し、学びを深め、インストラクターとして普及活動をはじめました。

 2015年から自宅で薬膳教室を開講していましたが、授業内容の充実のために、2017年4月より鎌倉薬膳アカデミー認定教室となり再出発しました。未病のための薬膳によるホリスティックな養生生活を推進、発信していきます。ちょっと大雑把な性格の私でもできる薬膳料理です。食薬は、安全性にこだわって選んでいます。薬膳の基本の仕組みを知れば、身近な食材を使って、どなたでも毎日活用して頂けるような和食を中心とした家庭料理で薬膳をお伝えしていきます。

 少々長い人生経験と多種多様な興味関心による引出しの多さが私の売りと思っています。分かりやすく楽しい授業にご期待ください!