萩原純子(はぎわら じゅんこ)

         

   中医薬膳営養師(鎌倉薬膳アカデミー卒)

   鎌倉薬膳アカデミー元講師(中薬学・方剤学担当)

 

         ホリスティックヘルス塾インストラクター(日本ホリスティック医学協会)

                メディカルヨガインストラクター(日本統合医学協会)

 <趣味 >             龍村ヨガ 呼吸法&健康ヨガインストラクター(龍村ヨガ研究所)

 写真撮影                        指ヨガインストラクター(手のひらセルフケア協会)

 ステンドグラス制作                   FTPベーシックマットピラティスインストラクター                        

 表千家茶道                             練馬区いきいき体操普及員   練馬区認知症予防推進員

 テニス                                     元フェイシャルエスティティシャン      

 ヨガ・ピラティス                      元フラワースクール講師              

                                                                             

 

     一昨年還暦を迎えました。子供は一男一女おりますが、現在は、夫と白内障の老犬チワワと暮らしています。

40才を過ぎた頃から、いくつかの体調不良を経験し、健康について学び考えるようになりました。酷い肩こりを改善する目的で、2007年より、ピラティスを始めましたが、身体を動かすだけでは足りないと感じて、食の面から、その頃に興味のあった禅宗の精進料理を藤井まり先生の教室で学びました。その頃はまだ精進料理と薬膳料理の違いすら良く分かっていませんでした。

 その後、夫が中国に単身赴任し、度々、中国を訪れる機会に恵まれ、薬膳に出会いました。2012年に鎌倉薬膳アカデミーに入学し、中医薬膳営養師の資格を取得しました。その後は、酷い変形性頚椎症と卵巣腫瘍を患いましたが、薬膳と漢方薬による養生を取り入れ回復が順調でした。二つの症状は、一見まったく関係が無いように思えましたが、中医学からみると、実は、大元の原因は同じだったのです。私は、ストレスを溜めやすい性格が災いして、「気」の流れが滞っていたのです。そのため血流も悪く、、、。

 その後は、気の流れを良くする食材を摂るように努めたり、「気」の通りを良くする呼吸法を行うヨガを学び、現在はヨガとピラティスを取り入れた地域サークルを立ち上げています。

 ある日、パソコンで検索をしていると、「ホリスティックヘルス」という文字に出会いました。読み進むうちに、自分の取り組んでいる薬膳とヨガが、つながっていることが分かりました。薬膳もヨガも、人を身体と心と命のつながりからとらえるホリスティックヘルスの一部分だったのです。現在は、日本ホリスティック医学協会、日本統合医学協会に所属し、インストラクターとしての普及活動もしています。

 

 2015年から自宅で薬膳教室を開講していましたが、2017年4月より鎌倉薬膳アカデミー認定教室となり認定教材を使ったクラスを開講しています。どなたでも毎日作れる和食を中心とした家庭料理で薬膳をお伝えしています。

 少し長い人生経験と多種多様な興味関心による引出しの多さが私の売りと思っています。分かりやすく楽しい授業を心掛けておりますので、是非お気軽にお問合せ下さい。皆様のご受講をお待ちしております。

 

                                                  2019年4月吉日